« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

川崎

所用で川崎に。

こちらは川崎駅前に出来て1年。ラゾーナ川崎。
これだけのものが出来れば、確かに街は一変します。

20080601_1

行列が出来ているのは、未だ人気が衰えない堂島ロール。

20080601_2

サザビーコーナー。
カンペール、アフタヌーンティー、サザビーが隣接しています。

20080601_3

このサザビーという会社。
上記以外にもジェーン・パッカー、キハチなどといったブランドがあります。
スターバックスも関連会社です。

静岡県の場合、(スターバックスを除き)静岡市にしかありません。
需要と立地があれば出るでしょうから、静岡県西部には(今のところ)どちらもないということでしょう。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

テレビ収録情報 とびっきり静岡(静岡あさひテレビ)

家族の中にあさひテレビ、30回目のありがとう。

創立30周年を迎えました静岡あさひテレビの番組、とびっきり静岡の取材です。人気のコーナー、「お取り寄せ逸品堂」にてキッシュを取り上げて頂きます。

静岡県の皆様にはおなじみ、中野佳也子アナウンサー。

1_2

キッシュアルザシェンヌ(ベーコンとたまねぎ)、ワイルドカレー(ワイルドライスのピラフが入ったキッシュ)、帆立と春野菜のキッシュ。計3個のキッシュをお召し上がり。
タフでないと出来ない仕事です・・・

放送は来月の予定。
また日程が決まりましたらお知らせ致します。

静岡あさひテレビ(こちら)

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

KIRIN THE PREMIUM 無濾過でキッシュをプレゼント!

2008年5月28日(水)に発売されました、KIRINの新しいビール。
「ザ・プレミアム 無濾過 リッチ・テイスト」

Kirinthepremium

チルドビールというジャンルのビールです。
チルド(chilled)というのは冷蔵(された)のこと。

普通のビールは常温(室温)で流通していますが、製造から流通・販売・消費に至るまでの過程を全て冷蔵で行うビール。その理由は、酵母が生きているので、常温に放置するとダメになる(痛む)からです。
通常のビールは濾過の過程を経て、この酵母を取り除きますが、このビールは無濾過の名前の通り酵母をそのまま生かしています。

商品開発と同時に流通ルートも磨かなければならない商品(賞味期限も短い)。早速飲んでみましたが、その値段にふさわしい味わいでした。

ただいま全国のサークルK・サンクスに並んでいます「プレミアムグラス付きの3本セット」をお買い上げ頂きますと、「贅沢グルメプレゼントキャンペーン」に応募することができます。

こちらの「贅沢グルメプレゼント」でnikoのキッシュをプレゼント!
「フォアグラのキッシュ」と「スモークサーモンとクリームチーズのキッシュ」のセットを抽選で50名様の方に。贅沢なビールに贅沢なキッシュで楽しい夜を。

商品の詳細はキリン(KIRIN)ビールのオフィシャルサイト(こらち)をご覧下さい。

*キャンペーン告知はサークルK・サンクス店頭の商品パッケージをご覧ください

niko cafe&sweets

| | トラックバック (1)

2008年5月28日 (水)

ギモーヴ(ギモーブ)発売開始

かねてより試作してきましたギモーヴ(ギモーブ)、発売しました。

20080528_1


20080528_2


20080528_3

ギモーヴ(Guimauve) のレシピは、糖類(砂糖など)とフルーツ(あるいはチョコレート)、ゼラチンが基本。マシュマロ(Marshmallow)とギモーヴは、英語とフランス語の違いだけで本来は同じものです。


普通マシュマロというと卵白を泡立てて(メレンゲ)を使ったふわふわとしたものてすが、こちらのギモーヴの作り方、卵白を使っていないため、ねっとりとした食感。最近はこちらの方が「流行」です。

スーパーで売っているマシュマロ、嫌いな方も多いと思いますが、香料も使わずに自然の果実のピュレを使ったギモーヴは全然別ものです。マシュマロ嫌いな方、一度お試し下さい。

通販はもう少しテストを重ねてから開始します。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

クグロフとは

マリー・アントワネットの公開時、少しブームになりましたクグロフ。

Pyakckg2s

オーストリア・フランス、アルザス地方の名物です。
アルザスの街では、ありとあらゆるところにクグロフ型が見られます。

nikoのクグロフは、いわゆる「ウィーン風」。
クグロフというと「酵母を使った醗酵菓子orパン」というように言われる場合がありますが、醗酵させていない、いわゆるパウンドケーキの様なものも見られます。

nikoのクグロフは生クリームを使った自家製キャラメルを閉じ込めたパウンドケーキ。後を引く美味しさがある濃厚なケーキです。

クロワッサン、コーヒーなどはマリー・アントワネットがフランスに伝えたとの説も。偉大なり、ハプスブルグ家。

niko cafe&sweets


| | トラックバック (1)

2008年5月26日 (月)

キッシュの作り方

最近はパン屋や総菜屋、あらゆるところで見られるようになったキッシュ。

作り方はこちらもご参考下さい

たまに「キッシュパイ」なんて書いてあるところもありますが、それだけ一般的になったということでしょうか?数年前まで、キッシュといえばスカイラークが経営しているFLO(フロ)がデパ地下にあるくらいでした。

さて、このキッシュ。
ロレーヌやほうれんそうというのが一般的には人気のようですが、我々のイチオシはアルザシェンヌ。ロレーヌにたまねぎを加えたものです。

作り方ですが、アパレイユ、具材、焼き、全てが大事。まず最初はパートブリゼ(パイ)をつくり、型に敷き込むところから仕事が始まります。

撮影で時間をかけてしまったので、少し柔らかくなっていますが、伸ばし。


20080526_1

型に敷き込んでいきます。

20080526_2_2

敷き込んで落ち着かせたらフォークなどでピケ(piquer)します。
ピケというのはチクチクと穴をあけること。ここから空気が逃げるので型から浮きにくくなるわけです。これを忘れると後が大変です。


20080526_3

ご家庭でなかなか出来ないのは、粉だらけ・バターだらけになりますし、広くて冷えた作業台も必要になるから。やはり、パイやタルトは専門店にまかせた方が良い、と思います。汚れますからね。

nikoのレシピはチーズもたっぷり使いますし、クリームもタカナシの42%の生クリームをしっかりと使っています。ですので、よく言われる「洋風たまごやき」や「パイに入ったオムレツ」とは全然違う食感と味わいを感じて頂けると思います。逆に言えば「原価は掛かるけれども、自分の家で食べたい、自分の友達と食べたい」キッシュをつくっています。とっておきのお取り寄せにはピザよりもおすすめです!

たまに「キッシュ嫌いなの」という人がいらっしゃいますが、どこかで一度食べただけで決めずに、是非いろいろと試してみて下さい。余談ながら「モンブラン嫌い」という方の大部分が、昔売っていた(今でも売っているところがありますが)黄色ーい栗のような栗でない様な、香料の香りがするクリームが嫌い、ということが最近わかってきました。本当の栗でつくったモンブランは美味しいんだね、とよく言って頂きます。


ところで、「アルザス・ロレーヌ地方」という地名は確か中学生くらいで習うのだったと思いますが、石炭などが産出され、しかもドイツとフランスの国境にあることから、戦争の度にドイツになったり、フランスになったりしてきた地域です。で、いまはストラスブール(ドイツ語だとストラスブルグ)を中心都市として、フランスに収まっています。

アルフォンス・ドーデの「最後の授業」が教科書に載っていた世代です(多分教科書で読んだはず)。読んだことがない方のためにあらすじを書くと「戦争でフランスがドイツに負けて、今日がフランス語による最後の授業(明日からドイツ語)になるが、フランス人たる誇りを忘れずに・・・」というような感動的な話。

若いスタッフに「アルザスって言ったら最後の授業の・・・」と言っても誰にも通じないので調べてみたら(簡単に言えば)「史実を歪曲したフィクションの物語で、教育上よろしくない」ということで、最近は教科書に載っていないそうです。実際のところアルザスという場所は「私たちは今も昔もフランス人で、フランス語が明日から話せなくなるのは悲しい」というような単純な話で描ける土地ではないのです。

単純な子供はすっかりのせられてドイツ憎しになっていました・・・

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

精霊たちの家(La Casa De Los Espiritus / House of the Spirits)

20080525

「新しい百年の孤独」とも言われるこの本。
もちろん焼酎ではなくて、ノーベル文学賞を受賞したガブリエル・ガルシア・マルケスの著作。

この本の著者であるイサベル・アジェンデという人の叔父は、中南米で(学があれば)知らぬ人がいない、チリの大統領であったサルバドール・アジェンデ。軍事クーデターにより殺された人です。

アジェンデの時代を知る人によれば「何しろものがなかった」とか。
その後、アメリカの支援を受けたこともあり、シカゴ学派による実験場(新自由主義)となり「チリの奇跡」とまで呼ばれる経済成長を遂げました。が、持てるものと持たざるものの格差は開きました。

まだ半分ですが、百年の孤独ほどの労力は必要なさそうです・・・

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

バースデーケーキ(特大)

ご注文は特大バースデーケーキ

20080524

お友達もたくさん集まる誕生日のパーティ。
これだけ大きければ安心です!

niko cafe&sweets

| | トラックバック (1)

2008年5月23日 (金)

フォアグラ(フォワグラ)のキッシュ(続)

通信販売限定のフォアグラのキッシュ。

「22cmを3台」などという注文もあったり、パーティ取寄せが多いようです。
美味しいのはもちろんですが、試食してご注文頂くわけではないので、「パーティの目玉の一つ」にして頂いてるのが良くわかります。

20080523

フランス産のフォアグラをクラシックなレシピで調理し、味が単調にならないように(生クリーム、チーズ、そしてフォアグラという素材が並びますので)白ネギ、いろんなキノコ。そしてクルミなどをアクセントに加えています。

22cmの大きさで、5,880円。当店のキッシュの中で一番のプレミアム商品。
そのプレミアム性にご注目頂き、さるメーカーのキャンペーンの話が進行中です。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

いちごの季節

いちごの季節も終わりが近づいてきました。

今シーズンは天候不順の影響でなかなか良いいちごが出てきませんでした。
天候不順、もう不順ではなく「通常」という状況になりつつありますが・・・

こちらはテレビ等ですっかりおなじみの博多のあまおう。
福岡県はほぼ100%、このあまおうに切り替えが終わっているそうです。

20080521_1

nikoでは3年前からタルトを中心に展開してきました。
大玉はほんとうにでかいです。しかし味がしっかりとある。

こちらは静岡名産の紅ほっぺ。
酸味と甘味のバランスが良くて、お菓子にしてもとても美味しいいちご。

20080521_2

静岡第一テレビのイベントで30分で売り切れたブッセ(今シーズンは終了しました)や、まるごとごろごろとショートケーキに使った、その名も「まるごと紅ほっぺ」などで展開してきました。

旬のいちごを楽しみたい方はお早めに!

こういういちごのシーズンはもう終わりですが、いちごのショートケーキって年中ありますね?nikoではオフシーズンも国産のいちごを使用しています。夏場は長野や北海道などの高原で栽培されているいちごを仕入れます。

いちごに関しては専門の商社というのがあります。
街場のケーキ屋さんや、大手(チェーン店)などは、アメリカ産(など海外のいちご)を使っているところも多いのではないかと思います。nikoでは「国産だから良い」とか「輸入ものだから劣る」ということを決めつけてやっているわけではなく、食べてみた結果、国産のいちごを採用しました。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

Bem vindo ao cidade de Iwata,Shizuoka

翻訳(通訳)家の国安真奈さんが東京から来られました(こちら)。

ポルトガル語を主体として活躍されている方です。
翻訳・通訳といってもその分野は非常に(本当に!)幅広いので、ただ「縦のものを横にする」というのとは訳が違います。ブラジル屈指の大学、サンパウロ大学卒(日本人です)。

ポルトガル語というのは、当然ポルトガル、そしてブラジル。アフリカだとモザンビーク、アンゴラなどでも話されている言葉。日本に入っている言葉だと「カルタ」(Carta)などがポルトガル語由来です。

訳書にサインを頂きました。

20080519

ブラジルは見る人によって全然違う面がある国(どこの国もそうですが)。

渋谷や青山あたりでは「サウージ・サウダージ」とかなんとか、ボッサ・ラウンジどうのこうの、という中産階級音楽のことだったり。

あるいは丸の内に行けば「BRICs」の一員として、「永遠の可能性の国」からいよいよ脱皮し始めた経済大国。資源も労働力も、消費も日本を近々軽く追い抜きます。ちなみに中・小型のジェット機の有力なメーカー・エンブラエルがあり、この会社は世界第四位の航空機メーカーです。(ボーイング、エアバス、ボンバルディア・・・)

ちなみに最近メディアでよく見るBRICsの意味は、Brazil, Russia,India,Chinaの略で、最後の"s"は複数形のsが本来の意味ですが、最近は"S"と書いてSouth Africaを意味する時もあります。

そして、群馬や浜松に行けば居住人口の10%を超える「デカセギ」として"日本社会の一員"です。nikoのある静岡県磐田市(その周辺市町村も)、街の広報は日本語版・ポルトガル語版の2種類。もちろん、役所の窓口もポルトガル語専用があります(webも)。

この"日本社会の一員"というのが非常に微妙なところで、一員として社会に組み込まれていながらも、一員としての十分な権利がない。日常的に直面する地方の行政は上に書いたように対処していくのですが、根本的に「国として」となるとなかなか難しい・・・

簡単に書いたり、言ったりできるような問題ではありません。

ということで、音楽、文化、政治、経済、民族、出版界の現状などなど。
いろいろと話は尽きないのでした・・・

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

バレエの発表会(アイシングクッキー)

バレエ(バレー)の発表会の記念品。

Custom_chihiro

ではなくて、転校していく子から友達へのプレゼント。
もう一月くらい経ちますが、ちひろさん、お元気ですか?

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

新作カップケーキ

最近、テレビで紹介されることも多いカップケーキ。

20080520


地方では殆ど見ませんが、東京ではあちこちで見かけます。
基本はしっとりとしたマフィンで、その上にデコレーション。
しみじみとした美味しさと可愛さ+気軽さが受けています。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

日曜日の朝

日曜日の朝はNHKの経済羅針盤(こちら)。

たまに「どうしてこの人が」というような企業と人が出てきますが、
そういう時は解説委員のテンションが明確に下がっています。
外れの人はごく稀ですが。

いままでも平田牧場、虎屋さんなど、面白い企業の社長さんが生出演されています。


こちらはNHK静岡放送局のキャラクター、しずくん。


Custom_sizukun

アイシングクッキーです。ちょっと無理矢理でした・・・

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

祝!

全日本モトクロス、渡辺学選手、祝勝会用のケーキ。博多のあまおうをたっぷり使ったイチゴのタルトです。直径22cm(人数多かったので)の特大版、持つとずっしりです。

20080516_2

応援している我々としては、こういうケーキがつくれるのは嬉しい限りです。

ところで、この表彰台、英語で"podium"と言います(最近は日本でもポディウムという表現を見る機会が増えました)。10年程前、アメリカのホテルで演台(プレゼンターが立つ台)が用意されていなくて、
「ほれ、あの人が立ってこう、ちょっと上がってる台・・・」
と説明していたら"Podium?"と教えてもらいました。

表彰台、演台、指揮台、あの手の人が上がる台はみんなポディウムと呼ばれます。
実地で覚えると忘れない。

モトクロス、次は2008.5/25の広島です。怪我のないように!

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

バリスタ教室(ラテアート・ロゼッタ)

研修の続き。


20080514

こちら、「ロゼッタ」と言われます(参照)。

上の写真の少し早めに動かしているので、白い葉っぱの中に茶色いコーヒーの柄が入っています。コツは、ピッチャーを「大きく・ゆっくり」動かすこと。ハートよりは難しいものの、3年は掛かりません。目標、牛乳5本で会得。もちろん、楊枝などの道具は一切必要ありません。

東京近郊であればマキネスティ(こちら)で頼めば見せてくれると思います。ちなみにnikoはマキネスティのエスプレッコーヒーを使っています。

マキネスティは(nikoも)「トトロ」や「どらえもん」などのお絵描きはしません。
そもそもラテアートというのは、「ミルクが良い状態にスチームできましたので、その証しにラテアートを描いてお出しします」ということだそう。なので、一度出来上がったコーヒーに、楊枝で絵を描いて冷えたものを出すというは本末転倒、だそうです。冷めますし、コーヒーいれたてが一番美味しいので。

で、そのお絵描きですが。
これはコツ、テクニックとかそういう問題ではなく「絵心」があるかどうか。
鉛筆が楊枝にかわり、紙がコーヒーにかわるだけなので、元々絵が描ける人には描けるし、そうでない人には描けない。まず、絵を描くところから始めれば出来るようです。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

バリスタ教室(ラテアート・ミルクのスチーム)

新人にラテアートの教室(研修)中です。

まずはミルクのスチーミング。

20080513

表面が輝いているのが見えますか?
空気(泡)がよく撹拌されて、ミルクが均質な状態になり、光を反射しています。
空気が撹拌されていない(混ぜられていない)ミルク、つまり「あわあわ」の状態のミルクは使えません。「マスターするのに牛一頭のミルクが必要(どんな量?)と書いてあった」と誰かに聞きましたが、牛乳一本(1リットル)使えば、普通は出来ます。

まず牛乳ではなく、水で練習してください。
水は空気を抱き込みませんので、牛乳よりはるかに難しいですが、まず水で「空気を入れて」「撹拌しながら温める」というリズムを練習すること。
それから牛乳を使って下さい。一度温めた牛乳は二度とスチーム出来ませんので、お財布にも環境にも優しくなります。

ちなみにラ・マルゾッコ(マルゾッコorラマゾッコ)のマシン(こちら)だと・・・

Imgcaf3

カフェラテの場合、ミルクに空気を入れる時間は0.5秒から1.0秒位。その後混ぜながら温める時間は7から8秒位。これはその機械の持っている力により変わってきます。このエスプレッソマシンは最も強力なマシンの一つです。

ミルクのスチームは、生クリームの泡立てと同じ。
カフェラテに使うミルクは、まあ3分立てという感じ。
カプチーノに使うのは5分立てから10分立て(ほとんど固形に近い)まで様々。これはどんなカプチーノにしたいかによって変わります。ミルクのスチーム、生クリームを立てるのよりは簡単だと思いますが、いかんせん時間が短いので失敗すると取り返しがつかない・・・

明日はラテアート。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

メディア掲載情報 FRaU 5/12発売 甘いものには目がなくて! #2

FRaUの続きです。

掲載ページの隣に一緒に掲載されているのが(恐れ多くも)虎屋さん。

20080513_1

日本で唯一別格の存在のお菓子屋さん。というよりも老舗ブランド企業。
創業室町時代、つまり、金閣寺(一度燃えてますが)と同じ位昔からある、ということです。

20080513_2

この虎屋黒川さん。
御殿場工場にて世界中で販売する餡・羊羹の殆どを製造されています。
一度工場見学にお邪魔しました。

虎屋ブランドを支える最新鋭の工場。企業としての伝統+プライド+革新性を見せて頂けます。本質を見つめ続けて、自己革新を怠らない本物の老舗である虎屋。尊敬すべき企業の一つです。

ご興味のある方は虎屋さんへお問い合わせを(こちら)。

美味しい羊羹も頂けます。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

メディア掲載情報 FRaU 5/12発売 甘いものには目がなくて!

今月のFRaU(講談社)はボリュームたっぷりのスイーツ特集。

nikoも掲載されています。

20080512_2


「"別注"でこだわりを叶える、お菓子をオーダーメイドしてみたら」。
いわゆる「ブランド」のスイーツの特注ページです。

ランバン、デビアス、ロンシャン、ハリー・ウィンストン、スワロフスキーなど、ブランドの手土産としてのスイーツという特集コーナー。nikoのものはスタインウェイ・ジャパンのスイーツです。

当然ながら、niko以外は東京(あるいは外資)の会社ばかりです。

スタインウェイは当然のこと、他のブランドのスイーツも非売品ばかりです。
もらってヤフオクだしたりする人もいるんでしょうねぇ・・・

ニコ、スイーツコンシェルジュはこちら

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

全日本モトクロス選手権 シリーズ第3戦 SUGO大会 結果

第1ヒートで優勝(^^)v

20080512_1

左胸の下あたりにnikoロゴが入っています(見える?)。

最近、「ラストフレンズ」でモトクロスの映像を見られた方もいらっしゃるかと思います。横に30人並んで、全員が一点に向けて飛び出す。バイクの状態(セッティング)、コースの状況、ライバルの走り、天気、そしてライダーの力。

いろんな要素が全て揃って初めて結果(表彰台)に結びつきます。
これからも全国各地で開催されます。自然の中で開催されるモトクロス。ピクニック気分で、是非一度生でご覧下さい!

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

初夏の新作

しばらくは涼しい日が続くようですが、気持ちは初夏。

新作「もも」

N00245_1s

白桃のコンポートにヨーグルトとクリームチーズのムース。さらにラズベリーを香らせた爽やかなケーキです。


新作「ゴーゴーマンゴ」

N00246_1s

ココナッツのムースにパッションフルーツのソース。
そしてごろごろとマンゴを贅沢にのせました。トロピカル!

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

ニコ文庫

日常的に使うものもあれば、お昼休みなどの気分転換にも。
(一部スタッフの私物)

*スイーツの会社ならいろいろと常備しているルセット(レシピ)本

20080509_3

Trucs de pâtissierという手前にある本。
今は亡きベルナール・ロワゾーの本。別名「星に憑かれた」フランスの三ツ星シェフ。
ミシュランから2星への降格を言い渡され(という噂)、猟銃で自殺しました。
「世界一の朝食」でも知られているのですが、これは客室のしつらえ・前夜の夕食・完璧に手入れされた庭園(外で食べるとスズメバチがハムを狙ってきます)など、全てが相まっての「世界一」。ただ豪華なだけでは「世界一」とは呼ばれません。

後ろにあるガッツリしたタルトの写真は別名「ジャムの妖精」(だったか?)、フェルベールのジャムとタルトの本。何年か前に日本でも「ブーム」になりました(ブームにした、が正解?)。

日本の洋菓子界の先駆者、河田先生の本もあります。オーボンビュータン、いま流行りの「カリスマシェフ、カリスマパティシェ」というような取り上げられ方をする店ではないので、一般の方はあまり名前を知りませんが、お菓子好きを自認されるなら是非一度どうぞ。
東名・用賀インターから10分。

*webまわり

20080509_1

nikoの仕事の約40%は店頭販売以外。
通販であったり、企業向けの特注であったり・・・
web上にもう一軒お店があるのと同じなので、店舗を持つのと同じエネルギーが掛かります。

*気分転換

20080509_2

日常の仕事というのは細かいことの積み重ね。
その中でも広い視点や、いろんなものを見る力を養う。
ということで、いろんな雑誌・本も置いてあります。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

HANA 東京都在住

HANAさん 東京都在住。

1才の誕生日、まさにお誕生日席!
愛されてますね。


20080505_2

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

キッシュワイルドカレー

夏にもキッシュ。

自家製のカレールーとワイルドライスの入ったピラフを入れた、
カレーのキッシュです。もちろん、生クリームもたっぷり。

プチプチとした食感と香ばしい香りも楽しいキッシュです。

N00240_s

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

全日本モトクロス選手権 シリーズ第3戦 SUGO大会

前にも書きましたがnikoは全日本モトクロス選手権、渡辺学選手をサポートしています。


5/10,11はスポーツランドSUGO(菅生・宮城県、こちら)にて第3戦が行われます。
第1戦の名阪に続き、nikoからチームYZ(ヤマハ)のサポーターの方々にプレゼント。
渡辺学とチームYZ、そしてヤマハを応援して下さる皆様へ!


通常はniko(静岡県磐田市)と、ヤマハ発動機コミュニケーションプラザでしか購入できないクッキー。今回はチームYZのロゴを焼き込んでいます。


今回はYZのパドックで5/10,11とプレゼント(数量限定)


家から5kmの大冒険、PUFFYでおなじみのVINO。

20080507_vino_2

前回も配りました、プレミアムスポーツWR250。

20080507_wr_2

ビッグスクーターの枠を超える「クラス・マジェスティ」、新型マジェスティ。

20080507_maje_2

最速ロードスポーツ、YZF-R1。

20080507_r1_2

「ウチもこういうのをつくりたい」という方はこちらをご覧くださいませ。

ラスト・フレンズの上野樹里さん。飛んだり跳ねたりはしませんが、ちゃんとバイク乗ってますね。大したもんだ。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

デマノ(demano)のバッグ

愛用しているデマノ(demano)のバッグ。

20080509_4

東京あたりのセレクトショップだと、ドイツのフライターグの方が優勢な模様。あちらは基本的にトラックの幌ですが、デマノのバッグは「バナー」をリサイクルしています。

この「バナー」というのはweb用語で使われる方が断然多くなっていますが、元々の意味は旗とか横幕。実物がデータかという違いだけで意味は同じ。

バルセロナの街というのは欧州でも有数のデザインあふれる街。
街のそこかしこに掲げられているイカした(死語)PVC(塩化ビニール)のバナー、用済みになれば即捨てられるのをなんとかしたい。ということで始まったプロジェクトです。

ちなみにdemanoというのは「手で」という意味。

左側にあるのが元々のバナーで、それを切ったり縫ったりしてプロダクトになります。

Demanothumb

demanoはこちら

バルセロナから買ったらオマケのカードケースが付いてきました。
多分、気まぐれで付くのだと思いますが・・・

この手のものがエコブームにのっかって氾濫しています。
東南アジアでは「米袋のリサイクルバッグ」というのを見ました。

niko cafe&sweets


| | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

新作ワンコ(犬用)ケーキ

米粉のスポンジを使ったケーキです。

世の中に小麦粉アレルギーのワンコもいるようです。
そんなコのために小麦粉を米粉に置き換えてつくりました。

上にのるクッキーは小麦粉を使っていますので、もしも本当にアレルギーの場合には与えないで下さい。米粉というのは固まりにくいため、クッキーなどには向かない素材です。

N00239_s

実際に小麦アレルギーの犬というのを見たことはありませんが、
「米粉を使った」という表記をよく見ますので、きっとお困りの方(犬)がおられるのだろうと思います。

当店の犬用ケーキですが、人が食べてもいいのですが、あくまでも「犬用」です。
よく「人間と犬が一緒に食べられる」といううたい文句のケーキがありますが、たまねぎなどの一部のものを除いて、「犬しか食べられない」「人間しか食べられない」などというものは基本的にそんなにありません。(人間は食べないで下さいなんて書いてあるものは怖いですね)

当店のケーキを召し上がった人間様からも「人が食べても美味しかった」とのお声をよく頂きます。人間用の素材を使って、人間用のケーキもつくるパティシエ・パティシエールが、同じ手間と時間と真心でつくりますので、しっかりとしたケーキがお好きな方には美味しいと思います。
もちろん、100台まとめてつくって冷凍しておいて、注文が入ったらワンコの名前だけ入れて出荷、なんてことはありません。全部受注生産です。

ただ、「人間」と「犬」はあくまでも別の生き物。
犬用のケーキは糖分を控えたり、噛み応えのある食感を出したり、人間用のケーキとは全然違う工夫をしてつくっています。人間用のスイーツもつくる我々としては、人間用のケーキは全然違う配合とレシピで、人間が食べて美味しいようにつくるもの。

また、スタッフ全員が自宅に犬なりネコなりと暮らしています。動物を愛する人間としては、人間も食べられるように調整されたようなおやつは与えたくない、という風にも考えています。
(どこの犬も人間用のケーキは大好きです・・・身体に良くないですが)

ちょっとカタくなりました。

ところで、小麦アレルギー、実は製菓製パン業界の職業病でもあります。
仕事をしていてアレルギーになったから辞めた、とか。
粉を扱う時はいつもマスクをしている、という人は何人もいらっしゃいます。

毎日毎日、小麦の粉塵に暴露(さらされる)されて継続的な刺激を受けます。ある日、許容量を超えてアレルギーを発症することになります。スギなどの花粉のアレルギーも同じですが、「許容量を超えない」ように予防をするのが肝心なようです。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

さくら 東京都在住

さくらさん、東京都在住。

2才のお誕生日です。
この落ち着いた表情が何とも言えないカワイさですね。
生真面目な感じです。

20080505_1

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

アンジェラ・アキ MY KEYS2007

先週放送された2回目の武道館ライブは2007年のクリスマス。

1回目よりステージングがずっと進化しています。
本人(アンジェラさん)談のように、2006年はギリギリな感じでした・・・
14,000人対(対でもないですが)ピアノ弾き語り一人、大したものです。

20080504

あまり目にすることのない、マット(つや消し)のスタインウェイ。

Custom_lyra

ライラ(竪琴・LYRA)のマークです。

大阪城ホールのコンサートが秋にあるそうです(こちら)

彼女は徳島出身ですが、実は徳島・大阪というのはバスで(約)2時間。
鳴門海峡大橋を渡って関西はすぐそこです。

四国4県・・・

香川・愛媛というと瀬戸内海地域ですが徳島は関西文化圏(大体)。
ちなみに高知は太平洋地域(ジョン万次郎、坂本龍馬、海援隊)。
「海の向こうはアメリカじゃき」と言っている人がいました。

関西といえば、音符のクッキーセット。
昨日は神戸に旅立ちました。

N00209_2s

niko cafe&sweets


| | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

J-WAVE BOOMTOWN(ブームタウン)

4月は番組改編の時期。

「81.3,J-WAVE」のジェイウェーブ(六本木ヒルズ)の番組。
ここ静岡県西部では(一部を)FM Haro!(浜松エフエム放送)にて聴けます。

朝の仕事時間は「クリス智子のBOOMTOWN(ブームタウン)」を流しながら、というのが習慣だったのですがこの4月の改編でネットされなくなり、FM Haro!制作の番組へと切り替わりました。

下はブームタウンの「今日はお取り寄せ日和」で紹介してもらった時の写真。
向かって左がフードスタイリストの浜田峰子さん。右で赤い箱を持っているのがクリス智子さん。(ラジオなので写真は別途送ってもらったものです、当然)

20080503_2

10年やっているだけになかなか楽しい番組です。
9:00前後は「GOOD MORNING TOKYO」の別所哲也さんとの掛け合いでマイクの受け渡しが行われますが、この別所哲也さんは藤枝東から慶應、という河合君(サッカー)の先輩にあたります。
ちなみに静岡県島田市出身。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

ジュビロ磐田オフィシャルショップ・ゴールデンウィークキャンペーン

ゴールデンウィークも後半。

ジュビロ磐田スタジアム前のオフィシャルショップではイベント開催中。
nikoのアイシングクッキーもプレゼントされます(数量・日時など限定)。

詳しいイベントの内容はこちら

試合の無い日もイベントがあります。
是非、ご家族でお出かけ下さい。


20080502

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

記事校正

来月売りの雑誌、記事校正がきています。

ちょっと気になりませんか?
お楽しみに。

20080430

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »