« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

取引先訪問

取引先訪問。

製菓材料の仕入れ先、株式会社すぎはらです。
今後の業務についてすりあわせ・打ち合わせに来ました。

製造部門も見学させて頂きました。

20080731

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

締め切り迫る KIRIN THE PREMIUM 無濾過でキッシュをプレゼント!

応募券が眠っていませんか?

nikoのフォアグラのキッシュとサーモンのキッシュ。
プレミアムなキッシュの2台セットが当るキャンペーンの締め切りは2008年7月31日(木)。当日消印有効ですので、ご応募お忘れなく!


20080730_1


20080730_2

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

くまさんクッキー

新商品です。

特注しましたクマの型。


20080729_1


20080729_2

元々の形はイラストレーター(adobe)で起こします。
が、実際のクッキーにすると配合や焼き時間、その日の気温等で大きさ・膨らみが変わってきます。試作の結果を画面に入力・出力・試作・・・という工程を経て型が出来上がります。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

ジンジャーブレッドマン

新商品です。


20080728

形はジンジャーブレッドマン(orジンジャーマン)ですが、生地にはスパイスを使っていません。通常のクッキーとは配合を変えてサクサクした感じに仕上げています。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

秩父

所用で埼玉へ。

太平洋セメント秩父第一プラント。

20080727_1

秩父セメント(太平洋セメントの母体の一つ)創業のシンボル、だそうです。
ただいま解体作業の最中ですので、この姿もいつまであるか・・・
プラントマニア、廃墟マニアの方はお早めに。


武蔵野の小京都ともいわれる比企郡小川町の七夕祭。

20080727_2_2

和紙産業が盛んであった時代は、今の10倍の規模だったそうです。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

浜松ぐるぐるマップ#73

静岡県のガイドブックといえばこれ、「ぐるぐるマップ」。

西部は「浜松」中部は「静岡」東部は「East」となっています。


nikoも掲載されています、浜松ぐるぐるマップ最新号、「本日はファミリー日和」


20080726

どうぞお近くの書店で!

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

ハッピー☆スイーツがあたる!

nikoも参加していますキャンペーン。
クイズに答えて頂き、正解者の中から抽選でスイーツをプレゼント。

20080725

「夏ドラマクイズに答えてハッピー☆スイーツを当てよう!」

静岡第一テレビIMADOKIのサイトはこちら!

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

メガネ

新調したこのメガネ。

20080724

フレームのつなぎ目が360度動くので使い易いです。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

ワンコ(犬用)ケーキ 米粉バージョン

最近人気の米粉のケーキ。

20080713_2

20080713_1

この日は3台で愛知県と福岡県にお届けです。

お取り寄せのサイトはこちらです。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

WEBリニューアル

通信販売(お取り寄せ)のサイトをリニューアルしました。


20080722_2


今日から開始の注目のコンテンツはこちら

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

北欧デザイン#2

あちこちで見るので欲しくなりました。

20080718_1

こうなります。

20080718_2

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

アイシングクッキーの新作(バースデー)

お誕生日用のアイシングクッキーです。


20080716


特注のアイシングクッキーは10枚以上、1枚単位で承っています。
しかし、お友達やご家族へのプレゼントに1枚、2枚と欲しいと言われるお客様が大変多く、そのために制作しました。品切れしない限り、店頭にて販売しています。

店頭以外ではメール・電話・FAXで承ってきましたが、基本的なアイシングクッキーは楽天のサイト上からご注文頂けるようになりました。ご興味ある方はこちらをご覧下さい。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

東京散歩#3 国立新美術館

メトロ移動。

電車に乗るとエキナカビジネスが活況を呈しているのが解ります。
どこに行っても紀伊国屋とBAGLE&BAGLE。

さて、国立新美術館到着。

20080719_7


乃木坂にはギャラリー間、というTOTOが運営している老舗のギャラリーもあります。いつの間にか一大アートゾーンになっているこの界隈、Art Triangle Roppongi、アトロと呼ぶようです。

館内、3階から見下ろします。


20080719_2


平日にも関わらず結構な人出。
バスツアーで来られている方もたくさん。

20080719_3


nikoのお菓子はこういう箱に入って販売されています。
Tシャツ、クリアファイル、いろいろなグッズが目白押し。
地下のミュージアムショップではなくて、展覧会場(1F)での販売です。

20080719_4

写真のベラスケス作・「薔薇色の衣装のマルガリータ王女」が2008年8月2日の美の巨人たち(テレビ東京)で取り上げられます。


そして、地下のスーベニアショップ。
友人たちが手掛けています「京東都」が「×÷(掛け算 割り算)」と題してコレクションを展示・販売しています。


20080719_5

---------

2007年秋にスタートした、京東都(きょうとうと)のファーストコレクションは「手ぬぐい」。日本の四季の柄を京友禅の技法かちん染め(墨)で表現、その上に日本のむかしことばから、擬音語・擬態語(ひらがなや漢字)を刺繍しました。今回は、夏の新柄3種(金魚/蟹/蛍)を加え、手ぬぐい1本の長さ=3尺を「1」という基本単位とし、掛けたり割ったりすることで出来上がる小物を展開、販売します。
「手ぬぐい」の切り売り(×1~∞)をはじめ、1反を使った「浴衣(×14)」「バッグ(×1)」「うちわ(1/3)」「飴の包み菓子(1/5)」などなど。日本の夏祭りをイメージしたディスプレイもご覧いただけます。

「京東都(きょうとうと)」は、日本の伝統「京都」と日本の今「東京」をかけあわせたブランドネーム。京都の刺繍工房と一緒に、新しい文化・伝統継承のかたち・刺繍の可能性を考える、「京都発、東京経由~世界行き。」の、刺繍ブランドです。

---------

この先は撮影禁止・・・
面白いので是非ご覧下さいませ。

20080719_6

7月13日まで、「ターナー賞の歩み展」というのが森美術館(六本木ヒルズ)で開催されていましたが、残念ながら行けず。ハーストとティルマンス、見たかった。


niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

東京散歩#2

友人と昼食のため、やはり猛暑の中徒歩移動。

移動途中にあるのが、東京の新名所赤坂サカス。


20080718_1

TBSの新社屋を中心とする街です。プロパティ・マネジメントは三井不動産。
TBSのグッズショップにはお菓子やらなんやら、いろいろとあります。

Bizタワーというオフィス棟のメインテナントは博報堂DYグループ。


20080718_2


地下鉄の駅直結。
illyのエスプレッサメンテという新しいスタイルのカフェ(バール)。

20080718_3

一番賑わっているのはこちら。
響きも懐かしい「マキシム・ド・パリ」が経営する「ドミニク・サブロン」。
このパン屋(ブーランジェと呼ぶべきか)は毎日・一日中スゴい人のようです。


20080718_4

以下転載・・・

「日本初進出 パリの高級ブーランジェリー“ドミニク・サブロン”」 パリで最も注目されているブーランジェの一人 “ドミニク・サブロン”氏の、日本初進出となる高級ブーランジェリー。パリの三ツ星レストランで使われるサブロン氏のパンは、多くの美食ガイドや雑誌に紹介される パリジャン&パリジェンヌ絶賛の味。厳選された素材を使い、長時間発酵を経て丁寧に作られる 質の高い本場フランスのパンはかみ締めるほどに、奥深い味わいが口の中に広がります。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

東京散歩#1

実家に寄ったついでにすぐそばの靖国神社へ。

7月16日までは「みたままつり」というのが行われていて、浴衣の人たちがたくさんいます。特に夜がきれいです。

200080717_2


そして、地下鉄をぐるぐる回るのもつまらないので(猛暑の中)徒歩で移動・・・


20080717_4

初めて見た「紀尾井坂の変」の碑。こういうものは歩かないと見つからないものです。

20080717_5

明治維新の元勲、大久保利通が暗殺されたのがこの紀尾井坂です。
洋服・椅子という洋風の生活をしていたと伝えられる大久保卿。その碑の真正面にいまあるのは・・・

20080717_6

"ガイジン"比率が高いことで知られるオー・バカナルです。

niko cafe&sweets


| | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

夏の新商品 2008#3

ひっぱりましたがマスクメロンです。

フレッシュなマスクメロン(磐田のアローマメロン)をピューレにしてたっぷりと注いだプリン。「はちみつメロンプリン」です。


N00276_1s

ベースのプリンは生クリームを使ったとろけるパンナコッタです。
ココナッツの香りがコクを生み出しています。

メロンそのものがとても美味しく、特長のある果物。
そのため、メロンそのものを超える・あるいは違うベクトルの美味しさを出す為にかなり試行錯誤がありました。是非お試し下さいませ。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

夏の風物詩

鈴鹿サーキット、2008年の決勝は7月27日。

20080717


「2008 QTEL FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦 “コカ・コーラ ゼロ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第31回大会」、佐藤裕児選手は"YAMAHA RACING"のライダーとして中須賀克行選手とともに出場します。


20080718_3

好青年、佐藤裕児選手にご声援を。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

夏の新商品 2008#2

夏といえばこの果物、マンゴ。

「マンゴタンゴ」と名付けましたマンゴプリンです。

N00161_1s

甘味のしっかりとしたアルフォンソマンゴを使い、酸味の効いたフレッシュマンゴも加えます。マンゴのねっとりとした旨味の中に爽やかさがあるスイーツです。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

夏の新商品 2008#1

本格的に暑くなってきました。

季節のお菓子、「なめらかクレームショコラ」

N00278_1s


とにかく口溶けにこだわったチョコレートムース。
ヴァローナ(valrhona)のカラクを贅沢に使っているので、酸味と苦味も効いた本格的な味わい。濃厚なのに、口溶けが軽く、後味がすっきり、というお菓子です。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

北欧デザイン

カフェで以前使っていた椅子です。

Jacobsen_1


北欧デザイン、アルネ・ヤコブセンデザインのグランプリチェアNo.4130。
1957年にミラノ トリエンナーレでグランプリを受賞したイスです。
いくつかのバリエーションがあるようですが、これは恐らくセカンドエディション。
座面も脚部も成形合板です。 複雑な三次曲面で構成された椅子は、製造コストも高く、手間のかかるもので、アントチェアやセブンチェアという、現代に生き残った椅子たちとは違う趣きのあるものです。
この脚が木製というのが非常に珍しい椅子です。

日産のCM、「ヤコブセンインテリア編」でも使用されていました。


デンマークのarkitektmoeblerという会社から輸入したもの。

都内某所で座った時に惚れ込んで、どうしても欲しくなり注文しました。
「注文」といっても20脚ものグランプリチェアが在庫であるはずもなく、デンマーク中から集めてもらい、日本まで運んで来たものです。


使わなくなった時に「どうしても欲しい!」という方もいらっしゃって、個人のお家で大事にされて暮らしている幸せな椅子たちもいます。ちなみに使わなくなった理由ですが・・・いろんな人が来る中にこういうデリケートな年代もの(骨董)を実用で置くのは間違っていると気付いたためです・・・

ということで、「家でも本物の北欧デザインを味わいたい」という方にお譲りします。まだ10脚程ありますのでまとめて欲しい方もご相談下さい。非常に古いものなのでキズは多数ありますし、現代の椅子の様に丈夫でもありません。ヴィンテージとしての価値を理解される方のみ!一度ヤフオクに出したこともありますが「現物確認・NC/NR」でお願いします。

お値段は個別交渉いたします。参考にしていただくには・・・
こちら
こちら
あるいはこちら

リペアなどはせず、ほぼデンマークから到着したままの状態です。
昨今のユーロ高の状況では高くなるばかりだと思いますが、3年前の為替レートで。
(デンマークはクローネですが、実質ユーロとリンクしています)。

お問い合わせお待ちしています。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

静岡温室農業共同組合・マスクメロン4

こちらは温水のパイプ(暖房用)。

20080708_pipe

たっぷり頂きました。

20080708_taste_2

365日(一つのメロンの収穫までは100日)目を離さずに育てられるメロン。値段が高くなるのは当たり前です。「良い物は高い」というのはあたりまえですし、栽培過程を見れば納得。

メロンといえば銀座千疋屋
こちらでいま販売されているメロンは当然静岡の温室メロン、一番安いもので・・・12,000円、高いものは20,000円を超えています。

もちろん、千疋屋で販売されているものは高級の中の最高級。世界一のメロン。

以前、外国からのお客様を「日本見物」に連れて回りました。
なんばのタカシマヤの地下に連れて行って一番注目していたのが「マスクメロン」。
1個100ドルのメロンというのは、彼らにとっては冗談の世界で「あり得ない、あり得ない」(No puede ser)と大喜びでビデオ撮影していました(本当はいけないのですが)。

農作物の域を超える手工芸品、静岡(日本)のメロン。

サイトはこちらです。


-----

ということで、唐突ですが来週から地元特産、磐田のアローマメロンを使ったスイーツが始まります。

みなさん、ご協力ありがとうございました!

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

静岡温室農業共同組合・マスクメロン3

一株に一個しかつくらないというのは有名な話。
まず一株から三個に絞り、最終的に一個に絞り育てます。

ネット形成過程。
メロンが成長していく過程で固い表面がひび割れ、それをメロン自らが覆う過程でネットが形成されていきます。1回水やりの回数が多かっただけで1ハウスのメロンが全部割れる(このあたりではハゼる)というくらいにデリケートなものです。

20080708_melon_b

収穫が近づいてきます。

20080708_melon

ということで、最後に食べごろのメロン食べ放題♪

20080708_taste2

静岡のアローマメロン・クラウンメロンの凄いところが、本当に皮ギリギリまでちゃんとメロンの美味しさがあるところ。欲張った「最後の一口」がキュウリの味になって、「メロン食べたのに後味キュウリ」でがっかりしたこと、ありませんか?あの悔しい思いをしなくてすむ偉大なメロンです。


ところで、「とれたて」という言葉を使わないのは、果物・野菜には「追熟」という過程が必ずあるから。樹上で完熟させてしまってはお客様のところに届く時には熟れ過ぎてしまいます。その過程を見越した収穫がされるわけです。

「昔のトマトはもっと青臭かった」というのは、流通技術が発達していなかったために熟していなかっただけでは?という話も聞いたことがあります(真相は定かではありません)。


niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

静岡温室農業共同組合・マスクメロン2

全国でもここだけ、という「隔離栽培」。


20080708_bed

メロンが植わっている土は地球と離れています。
これは水分と養分(土壌)をコントロールするため。想定外の水分・養分・その他の要素がメロンの育成に関わらない様にするためです。

図解するとこうなっています。


Saibai_kakuribed

こちらは灌水装置。水分をコントロールします。

20080708_water

温室メロンは一年中栽培(連作)されています。
周年栽培に伴う様々な問題(病害虫など)を薬剤を出来るだけ使わずに解決する方法が「蒸気消毒」。こちらのボイラーを使って蒸気を土壌中に入れ、消毒します。

20080708_boiler

日照、気温、メロンそのものの状態。
ここまで綿密な管理と育成をしてきても完璧なメロンはそうそう出来るものではありません。最高等級である「富士」のマークが付くのは全生産量の1%だそうです。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

静岡温室農業共同組合・マスクメロン1

先日の静岡温室農業共同組合・磐田支所に続き、本日は生産者の方を訪ねました。松浦さんの温室です。同行は静岡第一テレビの皆様。

20080708_total


静岡温室農業共同組合、というのは「温室メロン」のみで出来上がっている組合(JA・農協とは異なる組織)です。つまり、温室メロンは一つの事業として独立する事業であるということ。


メロンについて基本的なことをおさらいします。


マスクメロンというのはMuskmelonのことで、これは麝香(Musk=ムスク)のような強い香りを持ったメロンの総称。本来的に品種のことではなく、世界各地で「強い香りがあるメロン」はネットがないハネデューメロンなどでもマスクメロンと呼ばれることがあるようです。


ここは日本ですので、日本のことを。
日本でマスクメロンと言われるのは「アールス・フェボリット」系の網目メロン。
直近の伝来は大英帝国からで、伯爵のお気に入り(Earl's Favourite)という意味です。


静岡県のメロンを特長づけているのが温室栽培(日本最大の生産高です)。
ビニールハウスとの違いは、もちろん骨組みとガラスで出来ていること。冬はボイラーを炊いて温度を保ちますし、最近では一部で地下水を利用した冷房設備がある温室もあります。


一般的な方から「露地」(地面でそのまま)・ビニールハウス・温室、という順番になります。


Saibai_house

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

お中元とギフト

季節はお中元。


20080708

お客様から発送リストを頂いて各地に発送。
クロネコヤマトのB2というシステムも結構便利で(融通が利かないところもありますが)、ExcelなりCSVのデータを吸い上げて送り状を一括で作成してくれます。


-


20080708_1


20080708_2

こちらはギモーヴ6色セット。
お客様はイベントで使用されるようです。


niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

150e anniversaire des relations franco-japonaises !(日仏交流150周年)

本年は日仏交流150周年。

毎年「日本におけるイタリア年」(2001年)、「ドイツ年」(2005/2006)など、いろんな行事が大使館や商工会を中心として仕掛けられます。本年もいろいろとありますが、日仏に関してはこの年。


20080706

オフィシャルサイトはこちら

既に「ルーブル美術館展」(都美)、「ガレとジャポニズム」(サントリー)などのイベントが150周年事業として行われました。これから秋に向けて、食をはじめとしていろいろなジャンルでのイベントが展開されると思われます。

ちなみに・・・
1858年(安政5年)、フランス政府はグロ男爵を通商条約の全権公使に任命しました。3隻の軍艦で下田(静岡!)に来航したグロ男爵は、ナポレオン3世の親書を幕府に提出し、9月3日に日仏修好条約に署名し、それから日仏の交流がはじまりました・・・


niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

新プロジェクト

静岡のメロンと言えば日本一(つまり世界一)の品質と言われます。

20080705

新商品の開発のため、静岡温室農業共同組合にお伺いしました。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

ラグビーセブンス

セブンス日本代表村田 亙監督、「村田亙ファンの集い」の記念品です。

200080703

村田キャスターの緊張ぶりが楽しいスポーツニュース、みなスポ5のサイトはこちら(SBSテレビ)。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

S'ils n'ont pas de pain, qu'ils mangent de la brioche !

昨日ご紹介の通り、期間限定で国立新美術館にクグロフを出品します。

S'ils n'ont pas de pain, qu'ils mangent de la brioche !
(パンがなければブリオッシュを食べればいいじゃないの!)

フランス革命が近づくなか、「食べるパンもありません」という民衆の声に上記のように言ったといわれるマリー・アントワネット(実際は言っていない、とも)。先般ユーロ2008の決勝が行われたオーストリア・ウィーンの生まれです。

ブリオッシュはお菓子とパンの中間のような食べ物で、現代では「甘い・リッチなパン」に分類されることが多いですが、当時は「お菓子」に分類されるものだったようです。


ブリオッシュと並び彼女が愛したお菓子、と言われているのがクグロフです。
こちらがクグロフ型。アルザス土産なので「アルザス」と書いてあります。「京都」と書いてある茶碗のようなものでしょうか・・・。
でもカワイイですね。

200080704


国立新美術館のご案内です。

○開館時間
午前10時から午後6時
(金曜日は午後8時まで夜間開館)
閉館の30分前までにご入館ください。

○休館日
毎週火曜日
(ただし、火曜日が祝日又は祝日の振替休日となる場合は開館し、翌平日が休館となります。) その他、臨時に開館・休館することがありますのであらかじめご了承ください。

○アクセス
東京メトロ千代田線乃木坂駅、美術館直結6出口
東京メトロ日比谷線六本木駅 4a出口から徒歩5分
都営地下鉄大江戸線六本木駅 7出口から徒歩4分

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

国立新美術館(六本木)に出品します

2008年7月2日から9月15日まで開催されます「ウィーン美術史美術館 静物画の秘密」展、ミュージアムショップ出品のお知らせです。


-----------------------------------------------------------------------------------------

Index_img001


--------------------------------------------------------------------------------------------


ウィーンといえば、ハプスブルグ家。
ハプスブルグ家とウィーンのお菓子といえば・・・フランスに嫁入りしてきたマリー・アントワネットも愛したお菓子、クグロフ。

会期中はミュージアムショップにてnikoのクグロフをお買い求め頂けます。

「静物画の秘密」と題するこの展覧会。
その名の通り、絵画に隠された秘密を解き明かします。
行かれる前に是非下記の展覧会ページでさわりをご覧下さいませ。


上野をはじめ、月曜日休みが多い博物館・美術館ですが、国新美は火曜日がお休みとなっています。

六本木の会期終了後は下記を巡回予定です

●仙台展
2008年10月7日(火)~12月14日(日) 宮城県美術館
●神戸展
2009年1月6日(火)~3月29日(日) 兵庫県立美術館
●青森展
2009年4月~6月 青森県立美術館

>>展覧会ホームページはこちら
>>国立新美術館ホームページはこちら


六本木でお会いしましょう。


niko cafe&sweets


| | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

音符のクッキー

夏のこの季節、音符のお菓子の注文が続いています。

全国各地からご注文頂きますが、やはり多いのは東京を中心とする関東県と、兵庫(神戸)を中心とする関西圏。夏休み前に発表会があるのでしょうか?


20080701

WEBには2種類のセットしか載せていませんが、他の組合せも可能です。
例えば、今回はモーツァルトだからウィーン系のお菓子を入れよう、とか。
ショパンだからピアノを多めにしたい、合唱だから合唱隊だけでいい・・・

クッキーに発表会の日付を入れたり、名前を入れたりということも承っています。

ご相談下さいませ。

niko cafe&sweets

| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »