« 阪急キッチンエール #115 | トップページ | 貸し出し図書 »

2012年4月 8日 (日)

正確性と・・・

「7月4日に生まれて」風のロドリゴ・ソウト選手

20120408_210257

久々にVで試合を見ました

昨年と比べると選手の動きに迷い(パスの出し先を探したり)がない様に見えます。11人の意思が統一されて、約束事が徹底されている印象。

あのペップ・グァルディオラも3年間かけてやってきたことは「約束事を徹底させる」ということだったと、どこかで読みました。

「決まった動きを当たり前にできる」ことに加えて、磐田の場合は「勇気の1プレー」であり、バルセロナは「メッシの突破」で勝利が近づくのかもしれません。

「正確性とホスピタリティ」というのは、能登で30年に渡り「旅行業界人の選ぶベスト旅館#1」に選ばれ続けている加賀屋のサービスポリシー。

バスの時間、献立の内容、非常口の場所、旅館の歴史etc.,の正しい知識を積み上げて自信が持てれば、そこから先はパーソナリティとホスピタリティを発揮してお客様にサービスしていくということ。基礎も知識も無いのに愛想がいい、というのとは違います。

「正確性と根性」「正確性と勇気」「正確性と創造力」・・・

降格寸前のチームの選手が「残り全部勝つつもりで行きます」と言って勝てることは普通無い。根性と気合いで勝てればいいんですが・・・

niko gifts&sweets

|

« 阪急キッチンエール #115 | トップページ | 貸し出し図書 »

サッカー」カテゴリの記事